イベント会場で必要なものは意外にレンタルできる

男の人と女の人

和楽器の魅力

男の人と女の人

日本古来からあるもの

古くから日本にある和楽器の和太鼓は、洋楽器には無い迫力があり、日本人には馴染みの深い音です。和太鼓が演奏される場面は、大抵その地域のお祭りやイベントなどです。お祭りやイベントを盛り上げる脇役として、和太鼓は盛んに演奏され、また重宝されています。和太鼓には、さまざまな大きさやタイプがあり、両面を打つもの・片面だけを打つものなどに分けることができます。お祭りや記念イベントなどで演奏される和太鼓は、両面を打つものが多く、演奏者の数も数十人規模になることもあります。演奏者の人数が増えればそれだけ、さまざまな音を打ち鳴らすこともできるのでバリエーションを広げることにもなります。和太鼓の胴は木材を使用しており、牛の皮を貼り付けて木のバチで打ち鳴らすと、音がでる仕組みとなっています。

ハレの日の演出として

和太鼓が演奏されるのは、その地域のお祭りがあるときだったのですが、現代でも会社の記念行事や結婚式などのハレの日を演出するものとして重宝されています。和太鼓を演出として活用すると、華やかさの中にも荘厳さや貫禄もあり、またその行事に参加する人の高揚感を高めたり、躍動を感じさせたりすることができます。会社の記念行事や結婚式には、このような心地よい緊張感はあることが望ましく、非日常を演出することにもつながります。演奏者も和太鼓を演奏するときは、日本古来の動きやすい服装で演奏することも多く、それが格好良さや男気を感じさせるものとして人気があります。そして、無駄を省いたシンプルさも洋楽器には無い和太鼓ならではの魅力です。